スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけいろいろ。3:「投げ釣り」

2007年09月07日22:33

投げ釣りを始めてから7年目になるだろうか。

釣りとの出会いは小学生のころ。
自宅の周りは当時、類い希なほど野池が多く
その当時からブラックバス・ブルーギルなんかを
釣っていて日常の遊びの一つだった。

19歳の時に運転免許を取得。周りの悪友どもも
免許を取得し、車を購入するもヤツもちらほらと。
となるとやはり最初は嬉しくて毎週末
「どこに行こうか」という話になる。
女の子が交じっていれば行楽地に目を向けるが
当然毎回交じる訳も無く、野郎だけで行くのだから
行くところもある程度限られてくる。その中でも
ダントツに回数が多かったのが海である。
夏は海水浴も楽しむが基本的に目的は「釣り」。
といっても今やってる投げ釣りではなく、
いわゆる落とし釣り。テトラや岩礁の隙間に
短竿でエサを落とし、ガシラやアイナメなどの
根魚を釣って、現地で焼いて食べるのを楽しんでいた。

23歳で家庭を持ち、悪友どもとなかなか遊べなくなり
海へも足が遠のいていた。
何年か経ち、当時一番交流のあった
高3からの友人H(後の漁理長)に釣りに誘われた。
他に数人おられた中で高1の時に一緒のクラスだった
友人I(後の会長)とも再会した。
彼らは投げ釣りを初めて少し経っていたようだが
私は先述の通り、落とし釣りしかできないので
彼らとは少し離れて落とし釣りしていたのだが
長い竿で遠くにぶん投げる彼らを見て
「かっこいい。」と素直に思って次からは投げ釣りするぞと
近くの釣具屋で5000円の竿と6000円のリールを
購入したのが私の投げ釣りにはまってしまった始まりである。

今、使ってるタックルの買値の合計でも30万円を下らない。
年平均10回釣行、1回の費用1万で計算すると
げっ、70万。先の30万足したら100万。ひえ~。
凝り性ではない私がここまではまるとは思っても見なかったが
今やキャンプにも負けず劣らずの家族の
コミニュケーションツールでもある。

これからも投げ釣り、そして自然を大切にしていこうと思う。

コメント

これからも投げ釣りの師匠、大物釣りの師匠としておつき合いの程宜しくお願いします。

  • 2007年09月08日 14:46 |
  • 外道~ず会長 URL :
  • 編集

あっという間に先を越されましたがどんどん我が道を突っ走って下さい。

  • 2007年09月11日 23:37 |
  • 漁離長 URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

matie(マティー)

名前:matie(マティー)
ものぐさな投げ釣りが大好きな中年??です。

最近のエントリ

釣行メモ

最終更新日 5月10日
2009年度
2008年度
2007年度

ニュース & お天気


-天気予報コム-

header_logo.jpg

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。